ワインの造り方基本工程とは?スパークリングワインの”泡”は”発酵”から生まれた自然のもの。

スパークリングワイン

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

 

ワインはブドウを原料とするお酒。

ワインがどのように造られているか、ご存知ですか?

出来上がりのワインは白、ロゼ、赤、スパークリングと色々ですが、ワイン造りの基本はどのワインにも共通します。

では、ワイン造りの基本工程を見てみましょう!

 

ワイン造りの基本7工程

 

工程①
「収穫」

ブドウを収穫します。

収穫の仕方は、人が手摘みするのと機械を使う方法があります。

手摘みはブドウを傷めにくく、熟したブドウだけを摘むことができる。(手間がかかり、人手が必要)

機械を使うと短時間で大量に収穫できる。

工程②
「選果」

ブドウが傷んでいないかをチェックして、ワインに使えるブドウを選ぶ。

工程③
「除梗」

苦味の強いブドウの茎(果梗)を取り除く。

工程④
「破砕」

ブドウの実をつぶす。

工程⑤
「発酵」

ブドウを大きなタンクに入れる。

酵母を使って、ブドウをアルコール発酵させる。

工程⑥
「熟成」

発酵を終えたワインを木樽やステンレスタンクに入れ、ワインの成分が落ち着かせ、味を向上させる。

※ワインによって、熟成期間は異なります。

工程⑦
「瓶詰め、瓶熟成」

瓶の中にワインを詰めて、瓶内で熟成させて出来上がり!

 

スパークリングワインの”泡”の生まれ方

 

「ワインの基本工程⑤発酵」までは同じ工程です。

スパークリングワインの泡は、発酵の時に自然に生まれる“泡”です。

(安価なもので、ワイン熟成後に炭酸ガスを注入しているものもありますが。。。)

スパークリングワインはベースのワインが出来上がったあと、もうひと手間が必要です。

スパークリングワインの二次発酵は大きく分けて2つの方法があります。

では、“泡”の生まれ方を見ていきましょう!

 

①瓶内二次発酵(トラディショナル方式)

アルコール発酵が済んだワインを瓶に詰め、酵母と糖分を加える。

瓶の中で発酵されるので、“泡”ができる。

瓶口を下にして、少しずつ回して“澱”を集める。(ルミアージュ)

瓶口に溜まった“澱”を凍らせて、“澱”だけを取り除く。(デゴルジュマン)

糖分入りの白ワインを加える。(ドサージュ)

出来上がり!

※最後の”ドサージュ”で入れる白ワインの糖度で、出来上がりの甘口、辛口が決まります!

この”トラディショナル方式”は、“シャンパン”や高級スパークリングの製法。

同じ瓶内二次発酵でも、澱引きを簡略化した“トランスファー方式”と“メトード・リュラル”という製法もあります。

 

②タンク内二次発酵(シャルマ方式)

出来上がったワインを大きなタンクに入れて密閉する。

タンク内で発酵が進み、“泡”ができる。

瓶詰めして出来上がり!

この“シャルマ方式”は、タンク内で一度に発酵が行われるので、大量生産向き。

価格もリーズナブルで、気軽に楽しめます♪

 

まとめ

 

スパークリングワインは、スティルワイン(発泡してない普通のワインのこと)よりも工程が多いですね。

特にシャンパンのような”トラディショナル方式”で造られたスパークリングワインは、じっくりと時間をかけて造られた”泡”。

グラスに注いでからの泡立ちもきめ細かく、持続した泡がとてもきれいです✨

グラスの中で立ちのぼる泡を見ていると、自然と気分も華やぎますね💛

春は”さくら色”のロゼスパークリングで乾杯しましょう(^^♪

 

おすすめロゼスパークリング↓↓↓

シレーニ・エステート ニュージーランド / 750ml / 発泡・ロゼ

ピノ・グリとメルローを使ったアロマティックでチャーミングな味わいのロゼ・スパークリングです!

 

スパークリングワイン