ワイングラスおすすめ4選!グラスの種類でワインの味わいが変わる?ワイングラスの選び方。

ワインイメージ

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

ワインを美味しく飲むためには、ワイン選びも大事ですが、ワインを飲む時に”どんなワイングラスでワインを飲むか?”がとても大事です!

同じワインでも、グラスが変わるとワインの味わいが変わります。

 

同じワインがグラスによって味が変わる??

 

本当なんです!

信じられなければ、普通のコップとワイングラスに同じワインを入れて、一度飲み比べてみてくださいね。

一言でワイングラスと言ってもたくさんあります。

ワイングラスを選ぶポイントとおすすめグラスをご紹介します。

 

グラス選び4つのポイント

 

ワイングラスを選ぶには4つのポイントがあります。

ポイント① 飲み口がすぼまっていること。

ワインは香りを楽しむお酒なので、香りを閉じ込める空間が必要。

飲み口が広がっていると、ワインの香りがグラスにとどまらず、全部逃げてしまいます。

例えば、風邪をひいて鼻がつまっている時、臭いがしないので、食べ物の味しないという経験ありませんか?

ワインも同じで、香りを感じにくいグラスで飲むと、ワインの味わいは薄く感じてしまいます。

飲み口がすぼまっていることで、グラスの中にワインの香りが充満し、香りを楽しむことができる。

ポイント② ボウル(ワインが注がれる入れ物)に膨らみがあること。

ボウルはワインの香りを閉じ込める空間。

ボウルの大きさや形によって、香りの広がり方や空気に触れる面積、口への流れ方が変わります。

香りのボリュームや複雑さはワインによって違うので、それぞれ適したボウルの大きさや形が変わります。

ポイント③ ガラス製の薄いグラスであること。

グラスが薄いと“口当たりが良い”⇒高級感を感じる。

ぶ厚いグラスだとワインの温度がぬるく感じてしまう。

ワインの繊細な味わいを楽しむためにも、飲み口が薄いグラスが良いです。

ポイント④ ステム(脚)

見た目の雰囲気が良い。

ワインに手のぬくもりが伝わって温度が変わることがない。

ボウル部分に指紋がつかないので、グラスがキレイに保てる。⇒ワインが美しく見える。

 

ワイン別おすすめグラス4選

 

ワインの味わいは品種によって様々。

同じ赤ワインでもフルーティーなタイプと、渋くてしっかりしたタイプでは、香りのボリューム感や酸味や渋みなどの味わいが全然違います。

白ワインでも酸味のあるすっきりしたタイプと、コクのあるまろやかなタイプでは、ワインの持つ香りのボリューム感や酸味の種類、飲む温度が違います。

それぞれのワインの個性を引き出し、最大限ワインを美味しく飲むための道具が“ワイングラス”です。

 

品種ごとにワイングラスを変えるというのは理想ですが、ちょっと難しいですよね。

赤ワインと白ワインをそれぞれ大きく2つに分けて、それぞれのワインの個性を楽しめるグラスを紹介します。

 

①渋みの強い赤ワイン

代表品種:カベルネソーヴィニヨンメルロー

飲む温度が高めの赤ワイン向き。

飲み口が広めなので、ワインが幅広くゆっくりしたスピードで口の中を流れる。

渋みの強い赤ワインの渋みを抑え、フルボディーの赤ワインをじっくり楽しめるグラス。

おすすめグラスはこちら↓↓↓

 <リーデル・ヴェリタス> シングルパック カベルネ/メルロ(1個)

②フルーティーな赤ワイン

代表品種:ピノノワール

飲み口が狭く、ワインが細く流れます。

酸味のしっかりした赤ワインの酸味を穏やかにして、豊かな香りを楽しむグラス。

おすすめグラスはこちら↓↓↓

 

<リーデル・ヴェリタス> シングルパック オールドワールド・ピノ・ノワール

 

③スッキリ爽やかな白ワイン

代表品種:ソーヴィニヨンブランリースリング

しっかり冷やして飲むタイプの白ワイン向きで、ボウルは小さめのグラス。

酸味のあるフルーティーで爽やかな白ワイン向き。

おすすめグラスはこちら↓↓↓

<リーデル・ヴェリタス> シングルパック ソーヴィニヨン・ブラン

④コクがあるまったりした白ワイン

代表品種:(樽熟成した)シャルドネ

あまり冷やし過ぎない方が良いコクのある白ワイン向きで、ボウルは大きめ。

飲み口が広がってるグラスで穏やかな酸味を引き出すグラス。

おすすめグラスはこちら↓↓↓

<リーデル・ヴェリタス> シングルパック オークド・シャルドネ 

 

まとめ

 

私がワイングラスをこだわるようになったきっかけは、ワインスクールに通っていた時。

実際にグラスの違いを4種類のワインで飲み比べて、グラスが変わるとワインの味わいが変わることを体感しました。

目から鱗(うろこ)とはこのこと!

それまでは、脚がついていればワイングラスだと思っていたので、適当なワイングラスを使っていました。

家ではお店ほどワインを美味しく感じないのは、安いワインだからかなぁ…くらいに思っていました。

グラスの違いを体感して以来、マニアックに品種ごとにグラスを変えるようになったのです。

それからおうち飲みワインが劇的に美味しくなりました。

あなたの好きなワインはどんなワインですか?

一度に揃えるのは大変なので、まずは上の4つのタイプで、あなたが一番よく飲む(好きな)ワインのグラスを持ってみるのがおすすめです。

デイリーワインが大変身しますよ。

 

「料理」と「ワイングラス」が決め手 プロ直伝!家飲みワイン おいしさの新法則 

 

 

 

 

 

ワインイメージ