梅酒の作り方!梅酒が体に良い理由とは?美味しい梅酒飲み比べセミナーin白鶴酒造GINZA

梅酒

 

こんにちは。ミラです。
 
今年も梅酒作りの季節がやってきました。
 
食前酒、お風呂上り酒、寝る前酒として生活に密着した梅酒!
 
梅酒は甘くて癒される味。ストレートでもソーダで割っても美味しいですね。
 
他のお酒は辛口が好きなのに、梅酒の甘さは昔から飲んでいるからか、飲むとホッとします。
 
そんな梅酒。ただ美味しいだけではありません!
 
実は体にも良いことがたくさんあります。
 

梅酒は体に良い?7つの理由

 
①食欲増進、夏バテ防止
 
胃の働きを活発にするクエン酸が含まれている。食前酒に飲むと効果的!!
 
②疲労回復
 
疲労回復に役立つクエン酸が含まれている。
 
③便秘の解消
 
胃腸の機能を活性化させるピクリン酸が含まれていて、便秘の解消につながる。

⇨美容に良い!

④精神が安定する

梅酒にあるベンズアルデヒドと言う成分が、脳を刺激して気分を落ち着けてくれる。

梅酒の香りを嗅ぐと癒されるのはこのためです!

⑤二日酔いになりにくい

肝機能を良くするピクリン酸が含まれていて、二日酔いになりにくい。

⑥カルシウムの吸収を助ける。

クエン酸が含まれているので、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を吸収する。

⑦他のアルコールと比べて、プリン体が少ない。

おうちで簡単!おいしい梅酒の作り方

簡単で美味しい梅酒の作り方です。

材料:

・青梅1キロ
・氷砂糖1キロ
・ホワイトリカー1.8リットル
 ※アルコール度数20%以上の好みのお酒。
・4リットル容量の密閉瓶
 
☆甘さ控えめが好みなら、氷砂糖を減らして調整してくださいね。
 

作り方:

 
①瓶を熱湯で煮沸消毒する。
熱湯を瓶に注ぎ、瓶の中全体を熱湯で消毒する。
お湯を捨てて、瓶を下向きにして完全に乾かす。
 
②梅の下ごしらえをする。
梅を流水で洗い、きれいで清潔なタオルで梅を一つ一つ拭く。
竹串で梅のヘタを取り除く。
 
③瓶に、梅半量と氷砂糖半量を入れる。
そして残りの梅半量と氷砂糖半量を入れる。
※梅と氷砂糖が交互になるように。
 
④ホワイトリカーを入れる。
 
⑤きっちり蓋をして、直射日光の当たらない静かな所に置く。(冷蔵庫ではなく常温で良い)
半年後くらいから飲めますが、出来れば1年〜2年置くと、深みが出て美味しいです!
 

白鶴酒造の梅酒セミナー

 
大手酒造メーカーの白鶴酒造が”梅酒の魅力を伝えるセミナーを開催します!
 
梅酒の効用や品種の違いなど、お酒のプロから梅酒に関することを学びながら、いろんな梅酒を飲み比べる体験セミナー。
 
梅酒を使ったカクテルやお料理レシピも教えてくれます。
 
蔵元仕込みの本格梅酒と季節のお弁当を堪能しながらの楽しいセミナーです!
 
日時:2018年6月14日(木) 18:45~20:15
 
場所:東京都中央区銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階 白鶴 銀座スタイル
白鶴酒造
 
申し込みはこちら
 

まとめ

 
梅酒で使うお酒は、アルコール度数20%以上のものであれば、好きなお酒でオッケーです!
※アルコール20%未満だと、他のお酒が出来てしまうので、法律違反になります。
 
ウィスキーやブランデー、黒糖焼酎、泡盛など、使うお酒の種類で、梅酒の味わいが変わります。
 
お酒の種類を変えてみるのも楽しいですね!
 
プリプリした青梅を仕入れて、美味しい梅酒を作りたいと思います!
 
梅酒