ワインテイスティング基礎知識「香りのとり方」”アロマ”と”ブーケ”について

フルーツ

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

 

テイスティングでは、

①ワインの色をみて

②香りを感じて

③最後にワインを口に含んで味を確認します。

 

では、②の香りについてみてみましょう!

 

“香り”からわかること

 

テイスティングの際に、ワインの香りを嗅いで、

どんな香りがするかを分析することを

“香りをとる”と言います。

香りをとるときは、

特徴的な香りを果物や花で表現してみましょう!

 

ワインの香りのとり方について

 

・第一印象をとらえる

ワインの入ったグラスに

少しずつ鼻を近づけて、香りの第一印象をつかみます。

花のような香りか、果物の香りか、

一番印象的な香りを見つけてみましょう。

 

・じっくり香りを感じてみる

グラスを回してみます。

グラスを回すと、

グラスの内側にワインの膜ができるので、

ワインの香りがグラス一杯に広がります。

鼻をグラスに全部入れるくらいと近づけて、

じっくり香りをかいでみます。

第一印象で感じた香りと少し違う香りを感じたら、

何の香りか表現してみます。

※ずっと香りを嗅いでいると鼻が疲れきて香りが感じにくくなります。
グラスから顔を離して、香りのないハンカチなどで鼻をリセットしながら、ワインの香りを分析してください。

 

香りの分類

 

ワインの香りには“アロマ””ブーケ”があります。

“アロマ”は、グラスに注いだグラスから最初に感じる香りです。

ワインの第一印象を決める香りで、

ブドウの果実そのものからくる香り”第一アロマ”と、

発酵することで生まれた香り”第二アロマ”があります。

“第一アロマ”

ブドウ本来の持つ香りで、品種の特徴が出ます。

マスカット系や

赤系フルーツの香り(イチゴ、ラズベリーなど)、

黒系フルーツの香り(カシス、ブラックベリーなど)。

“第二アロマ”

“発酵”によって生まれる香りがします。

白ワインなら
柑橘系のフルーツの香りやハーブの香りなど。

赤ワインなら
スミレやバラなど花の香りやスパイスの香りなど。

フルーツでも
フレッシュフルーツか、ドライフルーツか、ジャムなど。

 

“ブーケ”は、

ワインの“熟成度”をあらわす香りで、

樽熟成や瓶内熟成によって生まれる香りです。

グラスを回すと、ワインと空気が触れあうことで感じます。

白ワインなら、
紅茶やナッツ、きのこ、ドライフルーツなど。

赤ワインなら、
タバコの香り、トリュフ、なめし皮など。

 

まとめ

 

ワインの香りからは、

ワインの産地(どんな気候の産地か?北半球か南半球かなど)、

ブドウの品種、味わいが分かります。

最初からワインの香りをうまく表現するのは難しいですが、

慣れると段々色んな香りを感じることができるようになります。

まずは特徴的な香りをとらえて表現してみましょう!

 

 

フルーツ