七夕の食事と言えば”そうめん”!その由来は?願い事は何にする?

七夕

 

こんにちは。ミラです。
 
7月7日は、七夕の日
 
織姫と彦星が年に1度だけ会えると言うロマンチックな日。
 
五節句のうちの1つである”笹の節句”で、子供の成長を願う節句です。
 
七夕の日は、何を食べますか?
 
実は七夕の日に食べるものは昔から決まっています。
 
七夕に食べると良いもの、楽しみ方をご紹介します。 
 

7月7日七夕の日は何を食べる?

 
七夕の日は、旬のものを食べると、邪気払いができます!
 
七夕には、昔からそうめんを食べる風習があります。
 
7月7日にそうめんを食べる風習は、平安時代から始まっていて、宮中内での七夕の行事には、欠かせないお供え物でした。

七夕でそうめんを食べるようになった由来とは?

 
古代中国の王朝で、王の子供が7月7日に亡くなり、その子供が鬼になって熱病を流行らせてしまいました。
 
そこで7月7日には、その子が好きだった索餅(さくべい)をお供えして、そのお下がりを食べることになった。
 
※索餅(さくべい)とは?
小麦粉と米粉を水で練って、縄のようにねじって作ったお菓子。
索餅(さくべい)は、索麺(さくめん)とも呼ばれていて、日本では索餅(さくべい)が素麺(そうめん)に変わりました。
 
この文化が日本の奈良時代に入ってきて、七夕にはそうめんを食べるようになったのです。
 
索餅(さくべい)は、もともとはお菓子なので、七夕では七夕ケーキや七夕ゼリーなどのデザートを楽しむのも良いですね。

7月7日は「そうめんの日」

 
全国乾麺協同組合連合会が、昭和57年から7月7日を「そうめんの日」と決め、願いが叶うよう七夕にそうめんを食べることを普及しています。
 
夏の風物詩”そうめん”。
 
栄養価があり、食欲がなくても食べられるので夏にはかかせませんね。
 
そうめんは、夏の無病息災を実現する優秀な食べ物。
 
ミョウガや大葉など薬味をたっぷり入れるとさらに美味しくなります!
 
冷たいそうめんのほかに、にゅうめんや旬の野菜をプラスしてそばサラダなどでも良いですね。
 
サラダチキンの七夕そうめん↓↓↓
 

 

七夕の日は五色そうめんで厄除け?

 

白い色のそうめんが一般的ですが、七夕には五色そうめんがオススメです。

五色のそうめんは、陰陽5行説の五色に由来していて、色は、青・赤・黄・白・黒。

五色のそうめんには、厄除けの意味がこめられているんです。

七夕の日は特別に五色のそうめんを食べて、厄除けしましょう♪

おすすめ五色そうめん↓↓↓
 

お願い事の仕方は?

 
七夕では、短冊に願い事を書いて笹の葉につるします。
 
笹の葉は空に向かってまっすぐ伸びるので、願いが神様に届くようにと、笹の葉に短冊を吊るすようになりました。
 

七夕で書く願い事とは?

 
短冊には何を書いても良いのではなく、1番上達したいことを書くのが良いですよ。
 
その昔、織姫は「織物が上手になりたい」と書き、字が上手になりたいので短冊に書いたとのこと。
 
七夕の願い事は、上手になりたいことを書くのが良いですよ✨
 

まとめ

 
七夕にそうめんを食べるのは、まとまった束であるそうめんを天の川に見立てたり、はたを織る織姫の糸にも見えることからという説もあります。
 
人参、パプリカなどの野菜やハムを星型にしてそうめんに乗せたり、オクラのスライスを入れると可愛いですね☆
 
中国から伝わってきた七夕の風習ですが、韓国、台湾、アメリカ、ブラジル、ギリシャなど海外でも個性的な七夕イベントがあります。
 
星に願い事をするのは、世界共通なのかもしれませんね✨
 
私の好きなそうめん↓↓↓
七夕