ワインを飲むときなぜグラスを回す?”スワリング”の仕方

赤ワイン

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

 

ワインを飲むとき、グラスをくるくる回してますか?

ワインを飲むときにグラスをくるくると回すことを”スワリング”と言います。

なぜ”スワリング”をするのでしょうか?

 

ワインを飲むときなぜグラスを回す?

 

スワリングするとワインは空気に触れ酸化が進みます。

スワリングすることで、グラスの内側全体にワインの膜が出来ます。

香りが揮発するため、より多くの香りが立ち上ります。

空気に触れることで、ボトルの中で眠っていたワインが起き、とがった酸味や渋みを抑えたり、味がまろやかになります。

グラスを回すことで、ワイン本来の香りを引き出すことができます。

※スワリングのし過ぎは、ワインの香りを飛ばしてしまうこともあります。

十分に熟成されたワインをスワリングし過ぎると、酸化が進み過ぎで香りが飛んでしまいます。

すでに香りがたっている場合には、軽くスワリングするだけで十分です。

スパークリングワインやシャンパンも軽く回すだけで良いです。

 

”スワリング”するときに注意すること

 

スワリングするときは、周りの人にワインをかけてしまわないようにグラスを自分の方に向けて回転させるのがマナー。

グラスを持ち上げてうまくスワリングできないときは、テーブルの上にグラスをおいたまま回してみましょう。

ワイングラスの回し方

 

グラスを持ち上げて、自分の方に向けて回転させるのが基本。

右利きの人は、時計と反対回りに。

左利きの人は、時計回りに回します。

慣れてない人は、テーブルにグラスをいたまま静かに回してみましょう。

 

グラスは回し過ぎないこと

 

グラスを回し過ぎると、香りを飛ばし過ぎてしまうことがあります。

一度飛んでしまった香りは、元に戻らないので注意が必要です。

 

ワイングラスはどこを持つ?

 

テイスティングをするとき、”ステム”と呼ばれるグラスの脚の部分をもつのが一般的です。

これはワインが体温で温まり、味が変化しないようにするためです。

脚の中でも台座に近い部分を持つ方が持ちやすいです。

テイスティング中に、グラスを回したり、傾けたりする時やワインを飲むときも、脚の部分を持つのがバランスが取りやすいです。

ボウル部分を持つのを見かけることがあります。

ワインの温度が上がってしまうということと、ボウルに指紋がついて汚れてしまうので、やはり脚の部分を持つのがおすすめです!

 

テイスティンググラスって何?

 

もともとは脚の部分を持つのは、テイスティング用の小さいグラスで少量のワインを味わうのに適しています。

テイスティングをするときは、専用のグラスを使います。

グラスが変わるとワインの香りも味わいも変化したり、違って感じてしまいます。

毎回同じ条件でテイスティングできるよう、国際規格のテイスティンググラスがあります。

通称「ISOグラス /INAOグラス」と呼ばれている足のある小型のグラスで、色は無色透明、材質はクリスタルガラス製。

容量は 215 ±10ml、高さは 155 ±5mm。

ワイン本来の味や香り、色をチェックするのに適したグラスです。

 

まとめ

 

ちょっとキザに見えるスワリングですが、ちゃんと意味があります!

シャンパンやスパークリングワインはやりすぎるとガスが飛んでしまいますが、香りを楽しみたいので私はスワリングします。

コーヒーを飲むときも気づけばスワリングしてることもあり、もはやワイン病ですね(笑)

 

 

赤ワイン