“スパークリングワイン”と“シャンパン”は同じ飲み物??

スパークリングワイン

 

こんにちは。
ワインエキスパートのミラです。

 

きめ細かな泡がお祝いの席を演出してくれる”シャンパン”。

お祝いでなくても、どんなジャンルのお料理とも合わせやすい優れものです。

 

 

”シャンパン”は発泡性のワインで、”スパークリングワイン”です。

が、“スパークリングワイン”=“シャンパン”という訳ではありません。

“シャンパン”はスパークリングワインの中で代表選手です!

 

”シャンパン”とは?

 

“シャンパン”とはフランスのシャンパーニュ地方でのみ造られた発泡性のワインのこと。

ですので、そのまま”シャンパーニュ”と呼ばれることが多いです。

”シャンパーニュ”は、瓶内で炭酸ガスを溶け込ませる”瓶内二次発酵”という醸造方法でつくられます。

手間と時間をかけた製法で、きめ細かな泡が出来上がります。

使われるブドウ品種も決まっていて、ピノノワール、ピノムニエ、シャルドネの3種類のみ。

熟成期間やエチケットの表記についても法律で細かく規定されています。

 

”スパークリングワイン”とは?

 

“スパークリングワイン”は、炭酸ガスを含んだ発泡性のあるワインの総称で、世界中で作られています。

産地によって使われるブドウ品種は様々。

醸造方法に決まりはありません。

”シャンパン”と同じように、発酵でできた炭酸ガスを瓶の中に閉じ込めて熟成させたものや、ワインに炭酸ガスを注入したものがあります。

作り方によって、出来上がりの泡のきめ細かさ、泡の持続感、品種によって味に違いがでます。

 

各国の有名なスパークリングワイン

 

世界各地で造られるスパークリングワインにはそれぞれ固有の名称があります。

①スペイン

”カヴァ”・・・”シャンパン”と同じ製法で作られ、リーズナブルで人気!

②フランス

”ヴァン・ムスー”・・・フランスのスパークリングワイン全般。

”クレマン”・・・”ヴァンムスー”よりガス圧が強い。
クレマンドブルゴーニュ、クレマンダルザス(アルザス地方)、クレマンドロワールなど後ろに地方名がつく。

”ペティヤン”・・・微発泡のスパークリングワイン。

③ドイツ

”ゼクト”・・・”シャンパン”と同じ製法で、リースリングなどから造られる高級なスパークリングワイン。

④イタリア

”スプマンテ”・・・イタリアのスパークリングワイン全般。

”フリッツァンテ”・・・微発泡のワイン。

”ランブルスコ”・・・赤、白、ロゼがある。

”フランチャコルタ”・・・ロンバルディアで造られる”シャンパン”と同じ製法の高級スパークリングワイン。

⑤オーストラリア

”シラーズ”で造られる赤のスパークリングワイン。

 

まとめ

 

グラスに立ちのぼる泡を見ると、気分が高まります♪

スパークリングワインは、お料理ととても合わせやすく、前菜、メイン、デザートまで楽しめます。

ワインを飲みたいけど、料理との相性に悩んだら、スパークリングワインにしましょう!

ご褒美には是非”シャンパン”を!

 

 

 

スパークリングワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です