ワイルドな肉料理におすすめ オーストラリアの赤ワイン ”シラーズ”

赤ワイン

 

こんにちは。
ワインエキスパートのミラです。

 

スパイシーでエキゾチックな赤ワイン“シラー”。

 

野性的な香りをはなつ濃厚でインパクトの強い赤ワインです。

 

”シラー”ってどんなブドウ?

 

シラー(=ブドウ品種名)
こんなブドウ↓↓↓

 

黒味がかった黒ブドウ、タンニンを多く含みます。

温暖な気候を好む品種です。

 

”シラー”の生産地

 

シラーの有名な産地は

フランス・ローヌ地方、プロバンス地方、

アメリカ・カリフォルニア州、

オーストラリア、

チリ、

南アフリカなど。

 

生産地の気候によって、日照量が変わるためアルコール度数も様々です。

冷涼な地域で作られると、アルコール度数が13%くらい。

温暖な地域のものは14.5%や15%のものもあります。

産地の気候によって味わいも変わります。

 

”シラー”どんなワイン?

 

ワインの色

黒みがかった深い赤紫色。

ダークチェリーの皮のような濃い赤色。

香り

ラズベリーやカシスなど黒い果実の香りや

黒コショウや香辛料のスパイシーな香り。

味わい

渋みがしっかりして濃厚でスパイシー、

アルコール度数が高めのものが多く

”飲みごたえのある赤パワフルなワイン”です。

生産地によっては味わいが異なり

フランス・ローヌ地方の”シラー”は

豊かな酸味がありエレガントな味わいです。

また、”グルナッシュ”などの他の品種と

ブレンドして作られることもあります。

 

オーストラリアでは”シラーズ”

 

生産地で品種名も変わります!

”シラー”

オーストラリアでは、“シラーズ”と呼ばれます。

南アフリカやチリでも”シラーズ”と呼ばれることが多いです。

”シラーズ”はオーストラリアを代表する品種で、

主な産地は南オーストラリア州のリヴァーランド、

バロッサ・ヴァレー、クナワラなどが

世界でも有数の産地です。

天候不順が少なく、気候が安定しているので、

ブドウの生産量も安定しています。

日照時間が長い温暖な産地で作られるので、

糖度の高いブドウが出来ます。

出来上がったワインのアルコール度数は14~14.5%

中には15%を超えるものもあり、

濃厚でとてもパワフルなワインです。

熟したプルーンやビターチョコレートの香りが特徴です。

 

 

 

合わせる料理

 

合わせる料理は、、、

バーベキューやペッパーステーキ

ラムチョップやスペアリブの煮込み

ウナギのかば焼きなど。

魚料理とは合わせやすいですが、

ワイルドな肉料理との相性は抜群のワインです!

バーベキューなどにもおすすめで、

その場合は少し冷やして飲むと美味しいですよ!

 

価格もリーズナブルなものから高級ワインまで様々です。

シーンに合わせて

いろんな”シラー”(シラーズ)を楽しんでみてくださいね!

 

赤ワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です