料理と合わせるワインに迷ったら、”バラ”色が美しいロゼワインを!

ロゼワイン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

ピンク色が美しいロマンティックなロゼワイン。

”ロゼ”とはフランス語で“バラ”という意味です。

ロゼワインはどんなワインでしょうか?

 

ロゼワインの造り方

 

主な造り方は3パターンあります。

・赤ワイン用の黒ブドウを使う”セニエ法”

黒ブドウに酵母を加え、色と渋みを抽出し、

色づいた果汁をタンクに移して発酵する方法。

・白ワイン用の白ブドウと

赤ワイン用の黒ブドウを混ぜて仕込む”混醸法”

主にドイツで行われています。

・赤ワイン用の黒ブドウを短時間漬け込んでから

絞った果汁を発酵させる”直接圧搾法”

フランス・プロバンス地方で行われている方法です。

 

 

ロゼワインってどんなワイン?

 

フレッシュでフルーティーなワインです。

出来上がりの色は、

元々のブドウの色や熟成具合で

淡いピンク色、オレンジっぽい色、

赤ワインに近い濃いピンクのものまで様々です。

味わいは、

ほのかに甘いものから辛口、発泡性のスパークリングまで様々です。

赤ワインほどの渋みはなく、

白ワインよりしっかりしている中間的なワインです。

 

世界三大ロゼワイン

 

”ロゼ・ダンジュ”

フランス・ロワール地方のアンジュ地区で造られます。

”グロロ”という品種から造られるほんのり甘口のロゼです。

同地区では、カベルネ種を使った”カベルネ・ダンジュ”もあります。

”タヴェル”

フランス・ローヌ地方で造られる

”ロゼの王”と呼ばれる辛口のロゼワインです。

品種はグルナッシュを主体にサンソーをブレンドして造られ

色が濃くて、しっかりとした味わいのワインです。

マテウス・ロゼ

ポルトガルで造られるほんのり甘い微発泡のロゼワイン。

丸くて平たいボトルが特徴です。

 

合わせる料理

 

白ワインと赤ワインの味わいを兼ね備えたロゼワインは、

どんな料理にも合わせやすい万能ワイン。

和洋中、肉、魚、野菜といろんな料理が並ぶ食事でも、

ロゼワインなら1本で通すことができます。

焼き鳥やおでんなどにも合いますし、

餃子やエビチリにも合います。

中華料理、韓国料理、カレー、アジア料理など、

ワインとの相性に難しそうなスパイシーな料理

との相性もバッチリです!

 

まとめ

 

ロゼワインは”気分”や”シチュエーション”に

合わせて飲むのもおすすめです!

美しいピンク色を見るとは華やかな気分になります。

日本では”桜”を愛でる花見の時期にピッタリです🌸

お誕生日会やクリスマス、バレンタインなどのイベントにもよいですね💛

赤ワインや白ワインに比べて人気は落ちるロゼワインですが、

料理との相性も良く、演出効果も素晴らしいワインです。

ワイン選びで迷ったら、”ロゼワイン”がおすすめです!

 

おすすめロゼワイン↓↓↓

シレーニ ニュージーランド ホークス・ベイ / 750ml / ロゼ

お花見にピッタリな日本限定ロゼワインが今年も入荷!

 

ほんのり甘めのロゼワイン↓↓↓

 

ロゼワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です