華やかなでエレガントな 香りの赤ワイン “ピノノワール”和食との相性がよい赤ワインです。

赤ワイン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

華やかなでエレガントな

香りの赤ワイン“ピノノワール”。

 

繊細な味わいが特徴で

果実味と酸味のバランスが優れているワインです。

 

”ピノノワール”ってどんなブドウ?

 

ピノノワールは

世界を代表するワイン銘譲地

フランス”ブルゴーニュ”の主要品種です。

 

ピノノワール(=ブドウ品種名)
こんなブドウ↓↓↓

ピノノワールブドウ

 

粒が大きめの黒ブドウで

果皮が薄いので、渋みは少なめです。

冷涼な土地で栽培されます。

 

”ピノノワール”の主な産地

 

ピノノワールの有名な産地は

フランスのブルゴーニュ地方の他に

ドイツ

アメリカ・カリフォルニア

チリ

オーストラリア

ニュージーランドなど。

 

”ピノノワール”ってどんなワイン?

 

ワインの色

透明感のある鮮やかな赤色。

宝石に例えて“ルビー”と表現します。

香り

若いうちは、ベリーのような果実や華やかなバラの香りで、

熟成が進むにつれて、キノコや土の香りがします。

味わい

渋みは穏やかで、ほどよい酸味と繊細で華やか!

 

他の品種とブレンドせず、

ピノノワール単体で作られることが多いので、

ブドウの出来がそのままワインの味になります。

 

産地や生産者によって

ワインの味わいが違いますし

同じ生産者でもその年によって

出来上がりのワインの味わいが違います。

”ワインは農産物”と言われますが、

ピノノワールはまさにそうですね。

 

”ピノノワール”に合わせる料理

 

ブルゴーニュの郷土料理

赤ワイン煮込み”が定番ですが、

そのほかに鶏や鴨料理、

サーモン、カツオ、マグロなどの

赤身の魚”との相性もとても良いです!

ワインに合わせるというと”洋食”をイメージしますが、

”ピノノワール”は和食”との相性がとても良いです。

和の前菜、お刺身、鍋料理など

和食の”だし””しょうゆ”

との相性がとても良いですよ!

 

日本の”ピノノワール”

 

”ピノノワール”と言えばブルゴーニュのイメージが強いですが、

日本でも”ピノノワール”は作られています。

北海道や長野県、山梨県が有名な産地です。

”日本のピノノワール”は

スミレやイチゴなどの控えめな香りで、

渋みがやさしく、滑らかな余韻が魅力の

”和の”雰囲気が漂うワインです。

和食に”日本のピノノワール”は

素敵なマリアージュになること間違いなしですね!

 

同じ品種でも生産国、生産地によって香りや味わいが変わります。

飲み比べると”産地の個性”が楽しめますね♪

お気に入りの”ピノノワール”是非見つけてくださいね!

 

 

 

赤ワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です