ワインの「旧世界」と「新世界」ってどういう意味?それぞれの特徴は?

ワイナリー

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

 

ワインの生産国をいう時に、「旧世界」と「新世界」という言葉が使われます。

「オールドワールド」、「ニューワールド」という言葉も聞かれることがあるのではないでしょうか?

ワインの世界がどのように分けられているのかを知ることで、ワイン選びの参考になります。

早速見ていきましょう!

 

「旧世界」と「新世界」ってどういう意味?

 

「旧世界」とは?

昔からワインを造っているヨーロッパ諸国のことです。

フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、ハンガリーなど。

「新世界」とは?

ヨーロッパ以外のワイン生産国のこと。

大航海時代にワイン造りが広まった国々で、ワイン造りにおいて比較的歴史の浅い国のことです。

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、カナダ、日本など。

知名度は、やはり歴史のある「旧世界」の方がありますが、「新世界」のワインは自由な気風があり、個性豊か!

 

歴史の違いがワインに対する考え方やワイン造りにもそのまま反映しています。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

「旧世界」のワインの特徴は?

 

ヨーロッパのワインは、その土地の風土、歴史や伝統料理とともに育ったワイン。

大きな特徴は郷土料理とワインが密接に関わっていること。

一言でいうと食事と一緒に楽しむワイン”です。

・名前のつけ方

ヨーロッパのワインは、“土地”の名前を重視します。

地方名、村名、畑名などの土地名をワイン名にしている。

※それぞれの土地では、植えられるブドウ品種がある程度決まっているので、土地名を見ればブドウ品種が分かります。
(ブドウ品種名は表記されないので初心者には不親切なのが難点。)

・格付け

土地の個性が重視されるので、どの産地で造られたかで評価される。

・ヴィンテージ

ヨーロッパはブドウの収穫時期に“雨季”があり、ワイン用のブドウ栽培には厳しい気候。
天候によってワインの出来が毎年違うので、“ヴィンテージ”によって味が変わる。

・味わい

ワインと一緒に食事を楽しむ文化が定着しているので、料理の味を引き立てる繊細でバランスの良い味わいが好まれます。

 

「新世界」のワインの特徴は?

 

ワインだけで満足できるような力強い味わいのワインが多い。

歴史が浅いので、ヨーロッパほどの確立されたワイン法がない。

ワイン造りの自由度が高く、個性的なワインが出来る。

・名前のつけ方

「生産者名(商標名)」+「ブドウ品種名」という感じ。

ブドウ品種名が全面に出ていることが多い。

エチケット(ワインのラベル)を見れば、ワインの味わいが想像できるので、初心者でも分かりやすい。

・格付け

歴史が浅いので、“土地”の優劣が決まっていない。

・ヴィンテージ

ヨーロッパに比べて気候が安定している地域が多い。

ブドウの収穫年によるワインの出来のブレが少ないので、あまりヴィンテージは重要視されません。

・味わい

食事と一緒にワインを楽しむという歴史が浅い。

“食事と合うワイン”というのが重要視されていない。

ワイン単独で楽しめる、分かりやすいインパクトのある味わいが人気。

 

まとめ

 

ヨーロッパから広く世界に広がったワインですが、同じ品種でも土地が変わると味わいが全く違います。

ワインは”天・地・人”で造られると言われます。

天=”気候”
地=”土地の個性”
人=”造り手”

これが組み合わさって、1本のワインが出来上がります。

同じ品種で複数の国のワインを飲み比べると、それぞれの個性を楽しむことが出来ます。

ワインを知るのは、”自分で飲んでみること”です!

旅する気分で世界各国のワインを楽しんでみてくださいね(^^♪

 

 

ワイナリー