果実味豊かでコクがあるのに優しい赤ワイン “メルロー” だしのきいた和食との相性も良い赤ワイン

赤ワイン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

コクがあるのに優しい赤ワイン

メルロー”。

ふくよかな果実味が魅力のワインです。

 

”メルロー”ってどんなブドウ?

 

世界的な栽培面積もトップクラスの

超ポピュラーな赤ワイン用ブドウ品種です。

 

メルロー(=ブドウ品種名)
こんなブドウ↓↓↓
メルロー

 

粒が小さく丸みのある黒ブドウです。

 

果皮は薄いので、

タンニンは少なめなので渋みは少なく

比較的早くに熟成するブドウです。

ビロードのようななめらかな赤ワインを造るブドウで、

カベルネソーヴィニヨンと

ブレンドされることが多い品種です。

 

”メルロー”の生産地

 

 

メルローの世界的に有名な産地は

フランス・ボルドー地方右岸の
サンテミリオン地区やポムロール地区

イタリア・トスカーナ地方

アメリカ・カリフォルニア州

チリ、オーストラリア、ニュージーランドなど。

 

高温多湿な気候でも育つ”メルロー”は、

日本でも栽培しやすい品種で

特に長野県塩尻市一帯や

山梨県甲府市、山形県高鼻町

で栽培されています。

 

”メルロー”ってどんなワイン?

 

ワインの色

濃い紫色や濃い赤色。

熟成が進むと、色が薄くなっていき、レンガ色になります。

 

香り

ダークチェリーやブルーベリー、プラムなどの

熟した黒い果実の香り。

 

味わい

酸味は控えめで果実味が豊か

渋みはやわらかく、

ふくよかで口当たりがとてもなめらかです。

コクがあるのに

飲みやすく親しみやすいところが人気のワインです。

 

 

カベルネソーヴィニヨンとブレンドして

造られることが多い”メルロー”ですが、

単一で造る高級な”メルロー”も増えつつあります。

 

合わせる料理

 

合わせる料理は、、、

ローストビーフ、ローストチキン、

脂身の少ない赤身の肉料理との相性がバッチリ!

そして

すき焼き、しゃぶしゃぶなどだしのきいた鍋料理や

だしのうま味やしょうゆの風味、

野菜の甘みを引き出すので

和食ともよく合う赤ワインです◎

 

まとめ

 

世界で1位2位の栽培面積を争うほどのポピュラーな品種”メルロー”。

生産国によって、個性豊かな味わいに仕上がります。

カリフォルニア、日本、フランス・ボルドー

の”メルロー”を順に飲み比べると、

味わいの違いとともに、

”メルローの個性”を知ることが出来ます!

それぞれの国の”果実味”が豊かに感じられると、

さらに楽しめますよ♪

 

 

赤ワイン