世界で認められた”甲州ワイン” 素材を活かした料理との相性が良い!

甲州ブドウ

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

世界からも注目の

日本固有のブドウ品種

“甲州”

その名の通り、”山梨県”を中心に栽培されています。

 

日本固有の品種”甲州”とは?

 

柑橘系の香りが爽やかな

日本固有の品種”甲州”。

繊細ながら、シャープな味わいが人気です!

こんなブドウ↓↓↓

甲州ブドウ

甲州(=ブドウ品種名)

粒が大きめでピンク色の皮のブドウ。

 

”甲州”は山梨県が主な生産地で

1000年以上歴史のあるブドウです。

江戸時代までは

生食専用に栽培されていました。

明治時代以降、

ワイン造りの技術が伝わり

ワイン用に栽培されるようになりましたが、

本格的には2000年以降です。

栽培技術や醸造技術が急速に進歩し

ブドウの品質が向上し、

”甲州”種から造られたワインが

世界的からも脚光を浴びるようになりました。

 

世界で認められた”Koshu”

 

2010年、”甲州”が

ワインの国際的審査機関「OIV」に登録されました。

日本固有の”甲州”種が、

ワイン醸造用のブドウ品種として、

初めて世界で認められました。

そして、ワインラベルに「Koshu」と記載して、

EUへ輸出されることが可能になりました。

 

”甲州”ワインの味と香り

 

”甲州”は、

ワイン用ブドウに適した”豊かな酸”を持ち、

繊細な味の”和食”によく合う

”爽やかな味わいのワインと評価されています。

 

出来上がったワインの色は

無色に近いものからごく淡い黄色、黄金色。

 

香りは

爽やかなハーブ香や白い花

ゆず、グレープフルーツ

あっさりした甘みのある上品なフルーツの香り。

 

味わいは

すっきりした酸味と

ほのかな苦みを感じる

透明感のある繊細な味わいです。

 

 

 

 

”甲州”のヴァリエーション

 

・”シャルドネ”に用いられる醸造法を甲州にも採用しています。

サラリとしたシンプルなワインが多かった”甲州”ですが、

木樽を使って熟成することで

香ばしい香りの、ボリュームのあるワインに仕上がります。

 

・辛口が多い甲州ワインですが、

遅摘みブドウや氷結ブドウでつくった”甘口”もあります。

 

・甲州のスパークリングワインもつくられています。

シャンパンのように瓶の中で二次発酵をした本格的なものや、

炭酸ガスを入れてつくるリーズナブルなタイプなど、

さまざまなスパークリングワインがつくられています。

 

料理との相性

 

合わせる料理は、、、

京料理のような食材そのものの味を楽しむ和食

白身の魚系の寿司

塩とすだちでいただく天ぷら

白身魚のワイン蒸しなど

和食以外でも

フレンチや中華などジャンルを問わず、

素材そのものを活かした料理

との相性が良いです。

和食の文化とともに、

日本固有のブドウから造られた”Koshu”が

世界に広がるのはうれしいですね💛

 

 

 

 

 

甲州ブドウ