夏におすすめ!自宅でできる!美味しいハイボールの作り方。おすすめウィスキーは?

ハイボール

 

こんにちは。ミラです。
 
これからの暑い季節は、美味しいハイボールで乾杯🍺
 
シュワシュワと炭酸のきいたハイボールを飲むと、食欲がわきます!
 

ハイボールとは?「ウィスキーを炭酸で割ったもの」

本当はもう少し広い定義があり、スピリッツやリキュールを炭酸やトニック、フレッシュジュースなどのアルコールを含まない飲み物で割ったものです。 

炭酸が命!喉越しが良いハイボール。
 
自宅でも作ってみませんか?
 
美味しいハイボールの作り方とハイボールにおすすめウィスキーをご紹介します。
 

ハイボールの美味しい作り方

美味しいハイボールを作るために準備するもの

 
①グラスとマドラーを用意する。
②炭酸をしっかり冷やしておく。
③氷を用意する。(できれば大きめの氷)
 

美味しいハイボールの作り方

 
 
①グラスに氷を入れて、氷をマドラーで回してグラスを冷やす。
②ウイスキーを注いで、マドラーでクルクルとウィスキーを冷やす。
③炭酸を入れる。
④マドラーで、縦に一回混ぜる。
出来上がり!!
 
☆ウイスキーと炭酸の割合は、1:3(濃いめが好きなら、1:4くらい)
 

美味しいハイボールを作るポイント

 
ポイント①
冷たいグラスを用意すること。
 
最初にグラスとウィスキーを氷でしっかりと冷やすこと。
 
グラスを冷蔵庫で冷やすと、冷蔵庫の匂いがグラスに移ってしまうので私はあまり好きではありません。
 
ジョッキよりも、薄いグラスで飲む方が、口当たりもよく冷たい温度をキープできるのでおすすめです。
 
おすすめのグラスはこちら↓↓↓
 
ポイント②
ウィスキーを冷たくすること。
 
ウィスキー自体を冷蔵庫で冷やしておいても良いし、氷の入ったグラスにウィスキーを注ぎ、マドラーで回してしっかり冷やす。
 
ウイスキーはアルコール度数が高いので、氷で多少溶けても大丈夫!
 
ポイント③
炭酸を逃さないこと。
 
ハイボール作りにおいて炭酸は命。
 
炭酸を入れた後は、絶対に混ぜすぎないこと!
 
マドラーをさっと縦に入れ、1回ぐるっと回すだけで十分。
 
ウィスキーは比重が軽いので上に上がってきます。
 
混ぜすぎると生き生きした炭酸が逃げてしまいます。
 

ハイボールにおすすめのウィスキー

 
ハイボールにおすすめのウィスキーをご紹介します。
 
気分やシチュエーションに合わせて、セレクトしてくださいね。
 

①ド定番なら

「サントリー角」
 
CMでもお馴染み。ハイボールブームの火付け役。
 
そのままだと強い味わいですが、ハイボールにするととっても親しみやすい味わいに。
 

②リーズナブルに飲むなら

 
「トリス」
 
クセがなく、何よりリーズナブルなのでオススメ。

「デュワーズ」 

味わいがとてもマイルドで、バランスの良いウイスキー。
 
ハイボールにすると、炭酸とともに樽の香りが感じられる本格派。

④贅沢に飲みたいときは

 
「白州」
 
森の中にいるような爽やかな香りと味わいです。
 
繊細なお出汁の利いた和食との相性が抜群!
 
ミントを浮かべるとさらにプレミアム感が。
 
贅沢ないっぱいを楽しむときにオススメです。
 

夏にハイボールがおすすめな訳は?

 
いつ飲んでも美味しいのですが、特に夏におすすめの訳は、
 
・喉越しが良い
・食欲がわく
・口の中をさっぱりさせる(揚げ物と合う)
・ビールよりコスパが良い
 
その他にハイボールにはこんな魅力が、
 
・飲む香水と言われるウイスキーの香りを楽しめる
・どんな料理にも合わせやすい
・甘みがなく、他のお酒に比べて低カロリー
 
ハイボールにおすすめの炭酸はこちら↓↓↓

アレンジして美味しく楽しもう♪

ハイボール 

仕上げにレモンを絞ったり、レモンの皮を入れるとさらに爽やかな香りを楽しめます。

炭酸ではなく、トニックウォーターやジンジャーエールで割るのもオススメ!
 

まとめ

 
食中酒として料理と合わせやすいハイボール。
 
とりあえずビール!でも良いですが、とりあえずハイボールで食事を楽しんでみませんか?
たかがハイボール!されどハイボール!
 
ウィスキーの種類を変えてみると、新しい発見がありますよ。
ハイボール