フレッシュでフルーティーなボジョレーヌーボーの赤ワイン品種 ”ガメイ”

赤ワイン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

ボジョレーヌーボー”

の原料として有名な品種、ガメイ”。

 

ガメイから作られる赤ワインは

とてもフレッシュでフルーティーです!

 

”ガメイ”ってどんなブドウ?

 

ブドウの実が大きく、

皮が薄いので

タンニンが少ないブドウ品種です。

 

ガメイ(=ブドウ品種名)
こんなブドウ↓↓↓
ガメイ

大粒で実り豊かな黒ブドウです。

 

黒い皮で白い実のブドウなので

出来上がったワインの色も

透明感があるものが多いです。

”ガメイ”の生産地

 

ガメイの有名な産地は

フランスのブルゴーニュ地方(ボジョレー地区)

フランスのロワール地方

アメリカ・カリフォルニア州など。

 

”ガメイ”から造られた”ボジョレー”のワイン

 

色は、明るい透明感のある赤色、ルビー色。

香りはイチゴ赤しそクランベリーなど

甘酸っぱい赤い実の香りがします。

渋みは少なく

酸味がしっかりした

軽やかでフルーティーな味わいです。

 

”ボジョレーヌーボー”は

ボジョレー地区の”ガメイ”種から造られた赤ワインで、

毎年11月の第3木曜日に解禁になる新酒です。

ヌーボーとはフランス語で”新しい”という意味で”新酒”のことです。

”ボジョレー”と言えば、”ヌーボー”があまりにも有名ですが、

”ボジョレー”のワインは、早飲みタイプの”ヌーボー”だけでなく、

クリュボジョレーなど熟成して飲むタイプもあります。

 

特に”ヌーボー”は短期間で仕上げて出荷するので、

フレッシュなぶどうジュースのような軽やかな味わいです。

 

 

合わせる料理

 

合わせる料理は、、、

“ヌーボー”なら、白カビチーズや

生ハムやソーセージなどの軽めの肉料理。

“クリュ・ボジョレー”なら

煮込みハンバーグや赤身の肉料理や

トマトソース系の料理との相性がよいです。

 

まとめ

 

フレッシュでフルーティーな”ガメイ”は

”渋み”が穏やかなので

赤ワインに苦手意識がある人にもおすすめのワインですよ!

ワンランク上の村名ボジョレーは

品質を考えると比較的リーズナブルなので

ぜひ色々試してみてくださいね!

 

 

赤ワイン