デキャンタージュって何?デキャンタージュの4つの目的とは?

赤ワイン

 

こんにちは。

ワインエキスパートのミラです。

 

”デキャンタージュ”って何でしょうか??

 

ワインを入れるガラスの容器を

“デカンタ”と言います。

 

ワインボトルからデカンタにワインを移しかえることを

“デキャンタージュ”と言います。

 

では、何のためにデキャンタージュするのでしょうか??

デキャンタージュ4つの目的とは?

 

①”澱”を除くため

ワインボトルの底にある

“澱”(オリ)をグラスに入れないようにするために

デカンタに移してからグラスに注ぎます。

ヴィンテージの古いワインに多い“澱”ですが、

ワインの熟成中に

ワインに含まれる色素やタンニンが固まって、

ボトルの中に沈殿します。

”澱”は無害ですが

グラスに注がれてしまうと、

ガシガシと口当たりが悪く、見た目もよくありません。

 

※ヴィンテージの古いワインには、

小ぶりのデカンタがおすすめです!

ヴィンテージの古いワインは

ボトルの中で既にしっかり熟成が進んでいるので、

大きなデカンタに移すと一気に酸化が進み、

味が劣化してしまうので、

小ぶりのデカンタにそーっと注ぐのがポイントです。

 

 

②味をまろやかにするため(若いワイン向け)

デキャンタージュによって

ワインの香りを引き出され

味わいをまろやかになります。

造られて年数の経っていない若いワインを

デキャンタージュすることで、

ワインの香りが引き出され

ワインの味わいがまろやかになります。

 

※若いヴィンテージのワインには、

大きめのデカンタがおすすめです。

若いワインで空気と触れさせたい時は、

ワインを注いでから、

デカンタをしっかり振って空気を触れ合わせます。

泡が立つので、泡が落ち着いた頃が飲み頃ですよ。

 

③パーティーなどの演出効果に。

レストランでソムリエが行うデキャンタージュは

パフォーマンス的な意味もあります。

ホームパーティーでも、

ワインをデキャンタージュしたり、

デカンタを飾れば華やかな“演出効果”になります。

 

④冷やし過ぎたワインの温度調整に。

ワインの飲み頃温度は

ワインによって様々です。

基本的にワインは冷やして用意します。

もしワインが冷え過ぎていたら

デカンタに移して温度を調整します。

 

デキャンタージュするのは赤ワインだけ?

デキャンタージュは

主に“赤ワイン”にすることが多いですが、

ヴィンテージのシャンパンを

デキャンタージュすることで

きめ細かい泡を楽しんだり、

ボリュームのある白ワインをデキャンタージュして、

香りや味わいをじっくり楽しむこともできます♪

 

まとめ

デキャンタージュは、デカンタが無くてもできます!

グラスを2つ用意して、

グラスからグラスに何度か移すことをすれば

”ワインに空気を触れさせる”ことが出来ます。

赤ワインを大きなグラスに入れて

グルグル回すというのも同じですね。

 

でも!

たまにはゆっくりワインを楽しむ時には

”デカンタ”があると

豊かな時間を過ごせますよ(^^♪

 

 

赤ワイン