夏におすすめのお酒は、リンゴのスパークリングワイン”シードル”で決まり!

シードル

 

こんにちは。ミラです。

暑い日も寒い日もお酒を楽しむ私ですが、季節によって、飲みたいお酒の種類は違います。

夏はスッキリさわやか白ワインが美味いし、冬だとタンニンがちがちのフルボディー赤ワインが好きです。

アルコールを飲むと体が熱くなるからといって、夏はお酒を飲まない!ということにはなりません。

夏には夏の美味しいお酒があります!

ということで、夏におすすめのおしゃれなお酒“シードル”をご紹介します!

 

シードルはどんなお酒?

 

“シードル”は、リンゴを原料にした蒸留酒。

シードル

 

 

 

 

ブドウが原料のお酒が“ワイン”に対して、リンゴを原料に造ったお酒が“シードル”です。

リンゴの皮も一緒に漬け込んで作るので、ポリフェノールもあり、健康的?!

シードルはヨーロッパ発祥で、特にフランスのブルターニュ地方、ノルマンディー地方が有名。

日本でも人気が高まり、年々シードルの生産が増えてきています。

シードルの人気の理由は?

・飲みやすい(アルコール度数2~8%)

・料理と合わせやすい

・甘口と辛口があるので、好みや気分で選べる

・おしゃれで、ちょっとした手土産に喜ばれる

が人気の理由です。

夏におすすめの理由は?­­

・炭酸のお酒なので、特に暑い時期にシュワっとして美味しい。

・アルコール度数が低めなので、しんどくない。
(暑い季節にアルコール度数が高いお酒を飲むと、体が熱くなって疲れる)

・味わいが軽やかで、スルスルと飲める。のど越しが良い!

・あっさりした料理と合う。

 

合わせる料理

 

基本は何でも合いますが、軽めの料理の方が良いですね。

私のおすすめは、、、

シードルと合わせる料理7選

①ガレット

シードルの有名な産地であるフランスのブルターニュ地方の料理“ガレット”。

そば粉で作ったクレープです。

②蕎麦

以前ちょっとこだわった感じの蕎麦屋さんで蕎麦コースと一緒にいただき、美味しかったです。

蕎麦かりんとう、蕎麦寿司、蕎麦サラダ、鴨南そばなど。

③ツナサンド

ツナじゃなくても良いのですが、個人的には卵じゃなくて、やっぱりツナです。

④カマンベールチーズ

そのままでも良いし、ちょっとハチミツをかけたり、トマトを添えたり。

クリームチーズも良いですね。(クセのない白いチーズが良い感じ)

⑤前菜やサラダなど軽めの料理にピッタリ!

マリネやヴィネグレットをかけたシンプルサラダ。

⑥魚介類や鶏肉などあっさりしたお肉料理。

シーフードのフリットや鶏肉のグリルなど、白い系の食材のイメージ。

⑦アップルヴィネガーで作ったドレッシングとの相性がとても良い!

サラダにかけるドレッシングを“アップルヴィネガー”(リンゴ酢)で作ると、甘味と酸味がさらに合います。

シードルに合うドレッシングの作り方

①ボウルにスプーン1杯のマスタードを入れ、塩コショウをする。

②アップルヴィネガー30ml入れ、よく混ぜる。

③サラダオイル100mlを少しずつ入れて、泡だて器でよく混ぜて、出来上がり!

※キレイな空き瓶に材料を順番に入れて、よーく振るだけでも出来ます!

ちょっと甘めが好きなら、スプーン1杯のハチミツを入れるのもおすすめ。
(私はよく入れます!)

 

まとめ

 

夏におすすめのお酒“シードル”は、アルコールも低めなので、ランチにもおすすめです。

ランチビールよりも、ランチシードルの方がちょっとおしゃれ!

お酒が飲めない人にもノンアルのシードルがあるので、ランチ女子会にもおすすめ!

パッケージも可愛いものが多いので、友人宅への手土産にも喜ばれますよ💛

炭酸なので200mlくらいの飲み切りサイズもあるので便利☝

お風呂上りやお休み前のリラックスタイムなど、夏の疲れはシードルで癒やしましょ✨

 

 

自然な美味しさ!リンゴのお酒
シードル / リュー ド ヴァン 日本 長野県 / 750ml / 発泡・シードル  

リンゴの産地長野で、フジリンゴを使って丁寧に造られたシードル。

辛口過ぎず、優しい味わいがおすすめです。

 

シードル