シャルドネ ワイン選びに迷ったら”シャブリ”がおすすめ!

白ワイン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

フランス・ブルゴーニュ地方が原産地の

白ワインを代表する品種

”シャルドネ”。

 

こんなブドウ↓↓↓

シャルドネブドウ

シャルドネ(=ブドウ品種名)

世界中で栽培されている

ポピュラーな品種です。

”シャルドネ”はどんな品種でしょうか?

 

”シャルドネ”の生産地

 

フランスのブルゴーニュ地方が原産地のブドウです。

元々は

ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方など

寒い土地で作られていましたが、

”シャルドネ”は

土地を選ばず、

どんな環境でも育ち丈夫な品種の為

現在は

世界中で栽培されています。

 

特に

アメリカ・カリフォルニア

オーストラリア、チリ

南アフリカなどで

多く栽培されています。

 

”シャルドネ”ってどんなワイン?

 

”シャルドネ”から造られるワインの色は

薄い黄色から黄金色。

酸味とコクのバランスが良く

果実味が豊かな辛口の白ワインです。

 

”シャルドネ”は

”個性がないのが個性”

と言われるくらい

とてもニュートラルな品種です。

 

ワインの味わいは

生産地の気候や土壌、

生産者の造り方や個性によって様々です。

 

・寒い土地で造られる”シャルドネ”は

グレープフルーツやレモンのような柑橘類の香りで

キリっとした酸味のあるワインに仕上がります。

 

・暖かい土地で造られる”シャルドネ”は

熟したフルーツやトロピカルフルーツの香りで

酸味は穏やかな、アルコール度数の高いワインに仕上がります。

 

ボリュームのある味わいの”シャルドネ”

 

木樽で熟成させることで

ハチミツやナッツ、

バニラのような風味がプラスされ

味わいもコクがあり

厚みのある味わいになります。

 

合わせる料理は

豚や鶏肉のグリル

サーモン

グラタンやシチューなど

バターやクリーム系のソースとの相性が抜群です!

 

ブルゴーニュを代表する高級ワイン”モンラッシェ”も

この木樽で熟成された長期熟成タイプのワインです。

 

 

爽やかな味わいの”シャルドネ”

 

ステンレスタンクで熟成させると

リンゴや柑橘系、ミネラル香のする

とてもフレッシュでフルーティーな味わいになります。

 

合わせる料理は

前菜、サラダ

”牡蠣”やあっさりした白身の魚。

 

”シャブリ”という名前の有名な白ワインも

”シャルドネ”から作られたワインです。

”シャブリ”は、

フランスのブルゴーニュ

”シャブリ”地区で造られたワインです。

名前が短く覚えやすいことから

日本でも一躍有名になった白ワインです。

和食との相性も良いので

白ワイン選びに困った時は

”シャブリ”がおすすめ!

 

まとめ

 

カジュアルなワインから

超高級ワインまで価格帯も幅広い”シャルドネ”。

予算に合わせて、いろんな”シャルドネ”を試して、

お気に入りの1本を見つけてみましょう♪

 

白ワイン