夏におすすめのカンパリカクテル!苦味が癖になるおすすめレシピ5選!

ワインカクテル

 

こんにちは。ミラです。
 
暑い季節は爽やかで、少し苦味のあるものが美味しく感じます。
 
そんな時にオススメのお酒は、鮮やかな赤色が美しいイタリアのリキュール”カンパリ”。
 
初めて飲むとその苦さにびっくりしてしまいますが、飲み慣れると癖になる味わいです。
 
暑い季節におすすめのカンパリを使ったカクテルをご紹介します。
 

カンパリとは?

 
 カンパリ
 
”カンパリ”は、イタリアのリキュールです。
 
ハーブの香りと苦味が特徴のリキュールで、アルコール度数は25%。
 
オレンジピール、コリアンダー、シナモン、キャラメルなど約60種類ものハーブやスパイスが原料。
 
カンパリの鮮やかな赤色は、昔は虫からの抽出物で色をつけていましたが、現在は着色料が使われています。
 
本場イタリアでは、食前酒としてロックで飲んだり、カンパリと白ワインを1対1で割って飲むのがとても人気!!
 
後味にほんのりくる甘みと、ハーブの香りが女性に人気のリキュールです。
 
では、宝石のような鮮やかな赤色が魅力的なカンパリを使って、カクテルを作ってみましょう!
 
カンパリのカクテルレシピ5選をご紹介します。
 

カンパリソーダ

 
カンパリソーダ
 
カンパリの中で、最も定番のカクテル。
苦味の後にほのかな甘みがくせになる味わい。
 

材料:

 
・カンパリ 30ml
・炭酸水 90ml
・レモン 一切れ
 

作り方:

 
①グラスに、8分目まで氷を入れる。
②カンパリを入れて、炭酸水を入れる。
③レモンを絞って、軽く混ぜて出来上がり!!
 
鮮やかな赤が美しい”カンパリ”↓↓↓
 

カンパリモヒート

 
カンパリモヒート
 
カンパリソーダに、ミントとライムをプラスしたカクテル。
清涼感あふれるとっても爽やかな味わい!クールになりますよ。
 

材料:

・カンパリ 30ml
・炭酸水 90ml
・フレッシュミントの葉
・ライム 一切れ
・シロップ 小さじ1
 

作り方:

①グラスにちぎったミント、ライム、シロップ、カンパリを入れて混ぜる。
②氷を入れて、炭酸水を注ぎ軽く混ぜる。
③ミントの葉を飾り、出来上がり!!
 

カンパリオレンジ

 
カンパリオレンジ
 
カンパリソーダよりもカンパリの苦味が柔らかくなるので飲みやすい。
 

材料:

・カンパリ 45ml
・オレンジジュース 135ml
 

作り方:

①グラスに氷を入れ、カンパリを入れる。
②オレンジジュースを注いで、軽く混ぜて出来上がり!!
 
☆オレンジジュースをブラッドオレンジジュースにすると、グレードアップします。
☆グレープフルーツジュースでも爽やかな味わいが楽しめる。
 

スプモーニ

 
スプモーニ
 
”スプモーニ”とは、イタリアで”泡立てる”と言う意味。
カクテルの中では、女性にダントツの人気ナンバーワン!!
 

材料:

・カンパリ 20ml
・グレープフルーツジュース 30ml
・トニックウォーター適量
 

作り方:

①グラスに氷を入れ、カンパリを入れる。
②グレープフルーツジュースとトニックウォーターを入れ、軽く混ぜて出来上がり!!
 

カンパリビア

 
カンパリビア
 
おしゃれな赤いビアカクテル。
氷を入れないカクテルなので、カンパリとビールをしっかり冷やしておくことが最重要!!
胃を刺激して、食欲がわくので食前にオススメ。
 

材料:

・カンパリ 45ml
・ビール 200ml
 

作り方:

①グラスにカンパリを入れる。
②ビールを注いで、軽く混ぜて出来上がり!!
 
☆ベルモットとカンパリのカクテル
↓↓↓
”アメリカーノ”はこちら
 

まとめ

 
暑い季節は、食欲が落ちますが、食前酒にカンパリを飲むと食欲が湧きますよ!
 
またカンパリは、バーテンダーの間では疲れた日や飲み過ぎた翌日の体に効くと言われています。
 
カンパリのほろ苦さと、ほのかな甘みが体に優しいのだとか。
 
前日のお酒が残っているのに、飲まないといけない状況のときには、”カンパリソーダ”がオススメです。
 
今回ご紹介したカンパリカクテルは、どれもアルコール度数7~8%。
 
ビールよりは少しアルコール度数高めですが、カクテルとしてはそんなに高くないので、飲みやすいものばかりです。
 
カンパリは、柑橘系のフルーツジュースや炭酸系と相性が良いので、好きな組み合わせを楽しんでくださいね♪
 
苦味が癖になる赤いリキュール”カンパリ”↓↓↓
ワインカクテル