渋くてしっかりしたフルボディーの赤ワイン”カベルネソーヴィニヨン” 合わせる料理は”お肉”

カベルネソーヴィニヨン

 

こんにちは!
ワインエキスパートのミラです。

 

赤ワインの代表的な品種

“カベルネソーヴィニヨン”ってどんなワインでしょう??

 

渋くてしっかりした(フルボディー)

飲みごたえのある赤ワインです。

 

”カベルネソーヴィニヨン”ってどんなブドウ?

 

白ブドウの”ソーヴィニヨンブラン”と

黒ブドウの”カベルネフラン”をかけ合わせて出来た品種です。

 

カベルネソーヴィニヨン(=ブドウ品種名)

こんなブドウ↓↓↓

カベルネソーヴィニヨンブドウ

 

青みがかった黒紫色の粒の小さいブドウ

皮が厚く大きめの種を持つのでタンニンが豊富。

渋みのもとになるタンニンは

皮と種に多く含まれます。

実と果皮にしっかりした酸を備えているので

重厚なワインになる長期熟成に向いた品種。

乾燥した温暖な気候と

水はけのよい砂利質の土壌が向いています。

このブドウからは

渋くてしっかりしたワインが出来上がります。

 

”カベルネソーヴィニヨン”の生産地

 

世界中で生産されているカベルネソーヴィニヨンですが、

特に有名なのはフランス・ボルドー地方、

アメリカ・カリフォルニア

オーストラリア

ニュージーランド

チリなど。

 

国によって造り方に特徴があり

カベルネソーヴィニヨン単体ではなく

複数の品種とブレンドして造られることも多いです。

フランスのボルドー地方では、

”メルロー”や”カベルネフラン”と

オーストラリアでは”シラーズ”と

ニュージーランドでは

”メルロー”とブレンドして造られることが多いです。

品種を足すことで

よりバランスの良いワインに仕上げるためです。

アメリカとチリは

カベルネソーヴィニヨン単体で造られます。

 

 

”カベルネソーヴィニヨン”ってどんなワイン?

 

ワインの色

濃い紫色、濃い赤色。

宝石に例えて“ガーネット”とも言われます。

熟成が進むと、色が薄くなっていき、レンガ色に。

香り

カシスやブラックベリーなどの黒い皮のベリー系

スギ、ピーマン、ユーカリの葉などのハーブ系

コショウ、ナツメグなどのスパイスの香り

熟成すると

カカオ、葉巻、鉛筆の芯、なめし皮など。

 

ワインがまだ若い(作られて年数が経ってない)うちは

渋くて飲みにくいと感じることがありますが、

数年経つと熟成してワインの成分が落ち着き

酸味や渋みなどのバランスがよくなり、

味わいがまろやかに美味しくなります。

 

合わせる料理

 

合わせる料理は、、、

やはり”お肉”との相性が抜群です!

脂身のあるお肉の脂を

カベルネソーヴィニヨンの”渋み”がよく合います!

ワインで柔らかく煮込んだ肉料理や

ソースに赤ワインを使ったお料理なども◎

すき焼き、バーベキュー、ハンバーグなども◎
 

 

長期熟成が可能な品種なので、

自分の生まれ年のワインなどを熟成させておくのも素敵ですね!

何かの節目に人生を振り返りながら

ワインをいただくのもロマンチックですね💛

 

 

 

カベルネソーヴィニヨン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です