梅雨の時期に気になる洗濯の臭いは、アロマオイルで爽やかに!

ラベンダー

 

こんにちは。ミラです。

梅雨の時期は洗濯物がなかなか乾かず、臭いが気になるもの。

梅雨に限らず部屋干しをすると、湿った臭いが残ってしまいますよね。

そんな時はアロマオイルが役立ちます🌸

アロマオイルで梅雨の時期の洗濯の臭いを良い香りにしましょう!

アロマオイルを使った簡単にできる柔軟剤とリネンウォーターの作り方をご紹介します。

精油(アロマオイル)選びのポイントは3つ!

①デオドラント効果があること。
②防虫効果があること。
③消臭効果があること。

早速、”アロマ柔軟剤”と”リネンウォーター”の作り方を見ていきましょう!

 

アロマ柔軟剤

アロマ柔軟剤の材料

・柔軟剤を入れるガラスの入れ物
・30mlくらいのビーカー
・マドラー
・穀物酢 500ml
・植物性グリセリン 大さじ5
☆好みの精油 1回につき5滴

アロマ柔軟剤の作り方3ステップ

ステップ①
ガラスの入れ物に穀物酢500mlを入れる。

ステップ②
グリセリン大さじ5を入れる。

ステップ③
穀物酢とグリセリンをマドラーでしっかりかき混ぜて出来上がり!

アロマ柔軟剤の使い方

先ほど作った柔軟剤30mlをビーカーに入れ、好みの精油を毎回5滴たらす。

なじませてから洗濯機の柔軟剤投入口に入れる。

※精油は使う度に入れた方が香りが良いのでおすすめです!

おすすめの精油5選

①ラベンダー
②ローズウッド
③ペパーミント
④ユーカリ
⑤ローズマリー

一種類を5滴でも良いですし、香りの相性が良いので好きな組み合わせでブレンドしましょう!

例えば、

ラベンダー3滴+ローズマリー2滴

ローズウッド3滴+ユーカリ2滴という感じで。

アロマ柔軟剤<3つの注意点>

・衣服に色がつかないよう無色の精油を使う。

・色がある柑橘系、樹脂系、フローラル系は避けた方が良い。

・手作りなので、作ったら毎日の洗濯で使ってなるべく早く使い切ること。

 

リネンウォーター

材料

・200mlくらいのビーカー
・マドラー
・霧吹き
・精製水 200ml
・好みの精油 20滴

作り方3ステップ

ステップ①
ビーカーに精製水200mlと精油20滴を入れる。

ステップ②
マドラーでしっかりかき混ぜる。

ステップ③
霧吹きに入れて出来上がり!

※目盛りがついた霧吹きの場合は、ビーカーを使わずに精製水と精油を霧吹きに直接入れて、容器を振って出来上がり!

おすすめの精油5選

①ラベンダー
②ローズマリー
③セージ
④ユーカリ
⑤サイプレス

リネンウォーター<3つの注意点>

・衣服に色がつかないよう無色の精油を使う。

・色がある柑橘系、樹脂系、フローラル系は避けた方が良い。

・リネンウォーターは使う都度作りましょう。
(多すぎると思ったら半量で作って、使い切ること)

リネンウォーター使い方色々

・シャツやハンカチなど洗濯物をアイロンがけするときにスプレーすると、アイロンの熱で香りが立ち、布にさりげなく香りが移ります。

・梅雨の季節に部屋の臭いが気になるときに、カーテンやソファー、クッションなどスプレーする。

・玄関や下駄箱付近にスプレーする。

 

まとめ

 

アロマオイルは自然のものなので、アレルギーや敏感肌の人はパッチテストをしましょう。

腕の内側に薄めたアロマオイルをつけしばらく置いて、皮膚が赤くならなければ大丈夫!

気になるようなら、パッチテストもお忘れなく!

市販の柔軟剤に比べて、アロマオイルは香りも自然で肌にも優しいです。

好きな香りを気分に合わせてブレンドするのも楽しみの一つ♪

アロマの香りは鼻から脳に伝わり、気分を前向きにしてくれます!

どの精油にするか迷ったら、”ラベンダー”がおすすめです!

是非試してみてくださいね。

 

 

 

ラベンダー